Twitterアイコン変遷

好きな画像をアイコンにすることがTwitterの楽しみの一つだと考えているので、それを記録しようと思いました。

イキリポケ勢なので採用理由も書いていきます。

f:id:kogepanna:20190623021001j:plain
こげぱん(自作)
【採用理由】
転生するにあたって、HNとリンクするアイコンの作成が急務だと感じたので採用。
質問箱にて「黒人差別を彷彿とさせる。単純に気持ち悪い。」との指摘を受けたので解雇。

f:id:kogepanna:20190623021238j:plain
色メガゲン(自作)
【採用理由】
なんか描きたかった。

f:id:kogepanna:20190623021356j:plain
フワンテ(自作)
【採用理由】
我が家に空前の風船ブームが到来したので、描いてみた。
しぼんだ風船はしわくちゃで気持ち悪いので当分ブームはこなさそう。

f:id:kogepanna:20190623021617p:plain
オードリーとキャサリン
【採用理由】
ポケモン映画(デオキシス)を見返して、可愛いと思ったので採用。
可愛いと思っているけど解雇。

f:id:kogepanna:20190623022318j:plain
マッスグマ(自作)
【採用理由】
受験で脳ミソが液体になったときに誕生。
Ibis paintに入信したきっかけにもなった作品。

f:id:kogepanna:20190623021901j:plain
メガヤドラン(自作)
【採用理由】
ゆず君のヤドランbotに贈りたくて描いたもの。気に入ってしまったので自分のアイコンに採用。
こげぱん=メガヤドランのイメージが強くなった。
背景が黄緑や水色ver.もあるが、黄色が一番高レートを叩き出せた。

f:id:kogepanna:20190623022602j:plain
リラの画像あれこれ
【採用理由】
アニメで見て一目惚れをしてしまったので採用。
一人称ぼくで中性的な外見と、サトシに思いを馳せるようになる乙女な内面のギャップが素晴らしいと思う。
受験前よく画像検索していたことはオタクがバレるのでここだけの秘密。

f:id:kogepanna:20190623022849p:plain
コトネ
【採用理由】
凛々しい表情がとても良いので採用。
というのは建前で、ヒビキを騙る人物が話題になってたので面白半分で採用。

f:id:kogepanna:20190623023029j:plain
マンダコケコエンブレム(自作)
【採用理由】
自分には幾何学的な何かしか描けないと思って描いてみた。
割りと気に入っているので誉めて欲しい。

f:id:kogepanna:20190623023248p:plain
グライガーポンチョピカチュウ(自作)
【採用理由】
リザードンポンチョピカチュウとか身代わりポケモンがアイコン適正的な意味でtier1だと考えたので創作。
ヌケニン×ピカチュウとかも気が向いたら描きたい。

f:id:kogepanna:20190623024344j:plain
リラ(自作)
【採用理由】
ずっと描きたいと思ってたリラを描いてみた。
まだかなりラフだが、画力がアップしたらもっとハイクオリティーなのや動きを取り入れたのを描きたい。

f:id:kogepanna:20190929133910p:plain
リラ(ポケマス)
【採用理由】
ポケマスにリラ登場するのを祈願して、アイコンをデコレーション。

f:id:kogepanna:20200229095749p:plain
リラ(自作)
【採用理由】
アニメのワンシーンを模写してみた。可愛くできてる(自画自賛)


今後変えたら追記します。

【チャンピオンリーグ最終1806】欠伸トリトドンでおやすみ!

こんばんは、こげぱん🍎です。今回は9/23~9/25に行われたインターネット大会、「チャンピオンリーグ」でぶん氏(@bbn_1412)が最終R1806僕が最終R1753を記録した構築について書こうと思います。

並びはこちら↓

チャンピオンリーグとは

歴代のチャンピオンが使用したことのあるポケモンのみ使えるシングルバトルです(ざっくり)。使用可能ポケモンの一覧については画像にまとめたので貼っておきます。自分で見やすくするためにタイプでまとめただけなので、tier表ではありません。

構築経緯

相手のダイマエースに電磁波を入れてしまうor欠伸などを絡めてダイマを枯らすことにより、後発のダイマエースで巻き返せる形を目指しました。撃つダイマ技の選択で勝敗を左右されたくなかったので、エースには意地珠エースバーンアッキトゲキッスを採用しました(エースバーンもトゲキッスダイマ技の能力上昇に価値があり、ダイマが切れても使いやすい技がそろっている)。
f:id:K0mo:20200630124045p:plainf:id:K0mo:20200630143812p:plain
電磁波を撒くポケモンとしては、想定されにくく相手の展開構築を止められる挑発持ちサザンドラを、欠伸をするポケモンとしてはダイサンダーを撃たれないトリトドンを選択しました。

f:id:K0mo:20200630150354p:plainf:id:K0mo:20200630144330p:plain
コンセプトに沿った選出としてはここまでの4匹の中から2匹で完結しているため、多くの試合で出せる汎用性の高い対面コマが必要だと感じ、相手のダイマを枯らすのにも長けた弱保ギルガルドを採用しました。
f:id:K0mo:20200630144618p:plain
最後に、ここまでラプラスやエースバーンとダイマ状態で撃ち合えるポケモンがいないため、耐久に振ったすりぬけチョッキドラパルトを採用して構築が完成しました。
f:id:K0mo:20200630145613p:plain
ダイマダイマでなるべく撃ち合わずに勝負するため、2連ダイウォールのような負け筋を引きにくい良い構築になったと思います。選出段階で一方的に試合展開が見えやすいのもGoodでした。

f:id:K0mo:20200630124045p:plainf:id:K0mo:20200630143812p:plainf:id:K0mo:20200630150354p:plainf:id:K0mo:20200630144330p:plainf:id:K0mo:20200630144618p:plainf:id:K0mo:20200630145613p:plain

個体詳細

f:id:K0mo:20200630124045p:plain

エースバーン@命の珠

155-184-95-x-96-171 リベロ

火炎ボール/飛び膝蹴り/アイアンヘッド/飛び跳ねる

・どうせダイマエスバとダイマエスバで撃ち合う展開にはならないのでA特化
・素早さについてはもう少し検討してもよかったかもしれない

1匹目のダイマエースです。アイアンヘッドトゲキッスへの最高打点になるほか、耐久を高める効果のおかげで裏目になりにくいため採用しました。技の選択を工夫することで、ウインディの鬼火やドラパルトの電磁波、鬼火をくらわないように徹底していました。

f:id:K0mo:20200630143812p:plain

トゲキッス@アッキのみ

191-x-134-140-135-127 天の恵み

エアスラッシュ/マジカルフレイム/悪巧み/朝の日差し

・S+1で最速エースバーン抜き抜き
・行動回数を増やすため残りHB

2匹目のダイマエースです。高い耐久のためそもそも突破されにくく、相手のダイマさえ枯らしてしまえていれば岩封などのS下げは気にならず、むしろ起点にすることができます。また、相手に圧力だけかけて、マジカルフレイムと朝の日差しを駆使することでこのポケモンダイマを枯らすこともあります。キョダイラプラスを起点に悪巧みして全抜きしたときは流石に引きました。

f:id:K0mo:20200630150354p:plain

サザンドラ@きあいのタスキ

167-x-111-177-110-165 浮遊

悪の波動/リフレクター/電磁波/挑発

・暇になった時に撃つ悪の波動の価値を高めるCS

・ドラゴンアロー耐える調整した方が良かった気もするけどあんま出してないのでヨシ

起点作り&起点作り阻止要員です。相手のステロ要員がエアームドボスゴドラだった場合は先発に出し、挑発で止めて一方的に展開を作ります。ステロ要員がいない場合は裏に控えさせることでストッパーになることができます。一応エースバーンやトゲキッスギャラドスなどの想定されるダイマエースを切り返すのに選出する予定でしたが、後述するトリトドンが強すぎて(電磁波を外し過ぎて)後半は選出率が控えめになっていきました。突破が難しいトリトドンや火炎玉ミロカロスに強いのは評価ポイントです。

f:id:K0mo:20200630144330p:plain

トリトドン@食べ残し

218-x-132-112-103-59 呼び水

大地の力/欠伸/自己再生/守る

・少しでも相手のダイマを枯らせる確率を上げるためHB特化

今回の構築のMVP。守るを採用することで相手が寝かせてくる判断をしてきても残数不利を取らない選択を取ることができたり、欠伸できなくても最低限相手のダイマを枯らすことができます。浮いているポケモンへの打点がなく困ることはありましたが、それにありあまる強さでした。エースバーンやトゲキッスで相手にダイマを強要してから引くことで、フリドラを持ったラプラスですら流すことができます。

f:id:K0mo:20200630144618p:plain

ギルガルド@弱点保険

167-70-209-70-163-72 バトルスイッチ

シャドーボール/アイアンヘッド/影うち/キングシールド

・C152ドラパルトのシャドボベースダイホロウ確定耐え
・ドラパルトのゴーストダイブベース特化ダイホロウ確定耐え
・エースバーンの珠火炎ボール最高乱数切って耐え

多くの対戦で初手に投げ、相手の起点作成要員相手に数的有利をつくり後続のダイマを枯らします。HBにほぼ振り切ることでドラパルトやエースバーンの前で合法的にシャドーボールすることができるのが強く、深読みして引いてくれることさえあります。身代わりドラパルトに対してもシャドーボール→キングシールド→シャドーボール→弱保影うちでHPを残して対面突破することができます。キングシールドを使っていいタイミングと使ってはいけないタイミングの見極めが難しいのと、キングシールドのターンに択を誤魔化す電磁波をされることが多く、運ゲーに巻き込まれやすいことを除いて最強のポケモンでした。

f:id:K0mo:20200630145613p:plain

ドラパルト@とつげきチョッキ

195-162-95-x-95-190 すりぬけ

ゴーストダイブ/ドラゴンアロー/不意打ち/とんぼ返り

・ダイホロウ×3またはダイホロウ×2+不意打ちでBCラプラスを倒せる
・特化ラプラスの冷ビベース旋律を2耐え
・最速エースバーン抜き抜き

ラプラスを対面処理して後ろにも負荷をかけることができます。また、エースバーンにも上からダイドラグーンすることでいい感じになります。ぶんさんは特性をすり抜けにし忘れ、敵を討つと誓った僕はミントを使い忘れてエースバーンの上を取れなくなってしまったので、二人ともほとんど出しませんでした。ドラパルトを個体ミスしたおかげで、トリトドンラプラスを見る立ち回りの検討をすることになったので、大変良い個体ミスでした…!

重いポケモン

・ラムパワーウィップギャラドス

ラムだけならトリトドンで守るを絡めることで、パワーウィップだけならギルガルドをクッションにすることで立ち回り勝負まで持ち込めますが、両方は厳しいです。

・殻を破るカメックス

トリトドン後投げから欠伸はできますが、ダイマが終わっても受からないので眠りターン次第になります。

リザードン

ダイマを耐えるのに必要なコストが大きすぎます。

結果

ぶん 25勝2敗 R1806 最終5位

こげぱん🍎 R1753 最終32位

最後に

僕オーガザシアン

初めまして、こげぱん🍎です。

VGC2022の記録が全くないことに気づいたので、オーガザシアンにフォーカスして記事を書いてみます。オーガザシアンに必要だと考えている要素と、その実践例として一番初めのINCで使った構築と先日のBO3cupでTOP4まで残った構築を軽めに紹介します。初めに断っておくと、結構当たり前のことが多いかもしれません。見たいところだけ見てください。

1.オーガザシアンに必要だと思う要素

ここでは、オーガザシアンを組むうえで必要だと思う要素を列挙してみます。

ガオガエン

このルールの環境トップといえばやはりザシアンですが、ガオガエンが構築にいるかいないかで対ザシアンの立ち回りの幅がかなり変わると考えています。特にオーガザシアンでは、ガオガエンがいないとザシアンでザシアンを見る展開が多くなってしまいます。カイオーガがザシアンに強いコマになるためには、ガオガエンのサポートがほぼ必須です。ランドロスは巨獣斬が等倍で入ってしまうため、もちろん代わりにはなりません。トルネロスエルフーンが入った構築でガオガエンを採用していない構築が見受けられるのは、追い風のサポートにより、ガオガエンがいなくてもカイオーガがザシアンに強いコマとして成立しているからです。それ以外の場合では、最も多いザシアン入りの構築への勝率を安定させるために採用するべきでしょう。

<要素を満たすポケモンの例>
f:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plainf:id:K0mo:20200630124033p:plain

②ダイジェットエース

カイオーガダイマプランももちろん強力ですが、カイオーガの最大値を出せる技は上からの潮吹きです。潮吹きを連打できる態勢を整えるのに、ダイジェットエースの採用は欠かせません。天敵であるゴリランダーの早期処理を狙えるというのもあります。

<要素を満たすポケモンの例>
f:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630143913p:plainf:id:K0mo:20201026132411p:plainf:id:K0mo:20201026132653p:plainf:id:K0mo:20201026132703p:plainf:id:K0mo:20201026132714p:plainf:id:K0mo:20201026132815p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plain

ヌケニンはダイジェットを使用できます

③電気の一貫切り

電気の一貫というより、レジエレキの一貫です。カイオーガとザシアンともにレジエレキのダイサンダーで致命的なダメージを受けてしまうため、地面タイプを採用することでレジエレキが攻撃する方向のじゃんけんに巻き込まれないようにする必要があると考えます。モロバレルやゴリランダーなどの草タイプは、確かに対面ではレジエレキに強いですが、電気技に受け出す動きがレジエレキへの圧力にならないことから、高度なプレイングが要求されるでしょう。

<要素を満たすポケモンの例>
f:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630141903p:plainf:id:K0mo:20200630144347p:plainf:id:K0mo:20200630144407p:plainf:id:K0mo:20201026132714p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plain

④地面の一貫切り

ザシアンは地面が弱点であるというのはもちろんですが、カイオーガもダイアースに弱いため、できれば地面技を透かせるポケモンが2匹以上いるのが理想でしょう。

<要素を満たすポケモンの例>
f:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630143913p:plainf:id:K0mo:20201026132411p:plainf:id:K0mo:20201026132703p:plainf:id:K0mo:20201026132714p:plainf:id:K0mo:20201026132815p:plainf:id:K0mo:20200630143536p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plain

ボルトロスの処理ルート

ここまで挙げてきた要素を満たそうとすると、どうしても負けん気ボルトロスが重くなってしまいます。ボルトロス単体に対してはカイオーガやザシアンで撃ち合うことが可能ですが、隣にザシアンなどの禁伝を置かれるだけで厳しい戦いになるのは必至です。対策としては僕自身まだあまり分かっていないところがありますが、追い風やトリルドータクンによる切り返しなどは有効な手段となるでしょう。

トリトドン対策の草打点

カイオーガ、ザシアン、さらにはダイジェットエースなどで集中攻撃をすることで、トリトドンを強引に突破することは一応可能ですが、草打点があるに越したことはないでしょう。トリトドンの選出を渋らせる可能性があるというメリットもあります。

<要素を満たすポケモンの例>
f:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20201026132703p:plainf:id:K0mo:20201026132714p:plainf:id:K0mo:20200630121715p:plainf:id:K0mo:20200630121624p:plainf:id:K0mo:20200630121657p:plainf:id:K0mo:20201026132818p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plainf:id:K0mo:20200630145107p:plain

ヌケニンはダイソウゲンを使用できます

⑦追い風構築の対策

必須パーツであったカイオーガ、ザシアン、ガオガエンは素早さ操作の手段を持たず、追い風構築に上から殴られているだけで負けてしまいます。対策としては、こっちも追い風を使う、トリルで切り返す、壁展開により撃ち合えるようにするなどが考えられます。

2.構築の実践例

①INC Feb.で使用したオーガザシアン

ザシアン・・・HA
ボルトロス・・・CS
イエッサン・・・HB
カイオーガ・・・CS
ランドロス・・・AS
メタモン・・・HS

ザシアンによる切り返しの難易度を下げるために、ダイジェットではなくダイアタックを使う禁伝とザシアンを組もうとしたのが発端の構築です。カイオーガがザシアンに明確に有利であるために、イエッサンおよびいたずらごころボルトロスを採用し、要素①を一応クリアしています(この時ガオガエンを全然信用できていなかったというのもあります)。イエッサンとランドロスの採用により要素②~⑤も満たし、カイオーガが命の珠を持っているためトリトドンの突破にも困らなかったこの構築ですが、追い風構築への勝率が良くなく結果は振るいませんでした。黒バドレックスの処理をメタモンに一任してしまっていたのもあり、追い風後後ろから出てくる黒バドレックスを止められなかったのが敗因だと分析しています。

②BO3cupで使用したオーガザシアン

ボルトロス・・・CS
ランドロス・・・AS
カイオーガ・・・HB
ザシアン・・・HA
フシギバナ・・・HC ※BO3cupでは新緑
ガオガエン・・・Hbd

ガオガエンを採用することでスタンダード気味にまとめることを意識した構築です。ダイマックスしないと強くないフシギバナを草枠として採用した都合上、カイオーガをサポート寄りの型にしています。ボルトロスへのメタとしてにらみつける+巨獣斬の動きを取り入れていますが、最近はボルトロスを後発に置く構築がかなり流行っているため安定はしませんでした。BO3での対戦ということで、1本目はサポートボルトロスで初見殺しをし、2本目は初手から出てきやすいガオガエンに白いハーブランドロスを合わせることを意識していました。定数ダメージキョダイマックス+石火ザシアン+ガオガエンの強さを体感することができました(カイオーガは遅めの黒バドのイメージです)。

3.スペシャルサンクス

4.最後に

終わり。

【s31シングル最終37位】こげぱんの結論🍎 ザシアンカイオーガ with ポットデス


こんにちは、こげぱん🍎です。

今回はシングルランクバトルで最終37位(R2011)と満足のいく結果を残すことができたので、久しぶりに構築記事を書くことにしました。とはいっても8割はポケモンVTuber神谷月音さんの構築をベースにしているので、変更点などをメインに書いていきます。※先に原案の記事を読むことを奨めます

個体解説

ラッキー@輝石

357-x-62-x-126-49 自然回復
ステロ/甘える/歌う/卵産み

原案通りです。特殊受けというより起点作成要員として主に初手に選出するので、出せる範囲が広がるようにHBに振り切りました。使い始めた前期よりは0Wラッキーへのメタが厚くなっている気もしましたが、依然として詰ませ性能には目を見張るものがあり、勝ち筋の1つになってくれました。

f:id:K0mo:20200630145602p:plainポットデス@襷

135-86-76-204-134-122 砕ける鎧
シャドボ/アシパ/不意打ち/殻を破る

原案ではドラパルトでしたが、ゴースト打点がダイマしないと使いにくく、交代などによってしのがれると役割関係が逆転してしまうことがあったので変更しました。基本的にはラッキーの歌うや甘えるのサポートを受けて殻を破り全抜きを狙います。ムゲンダイナ絡みのサイクル構築への役割を引き継ぎつつも、対面選出のコマとしても使用でき非常に強力でした。

ドラパルトの利点
・ドラゴン禁伝(特にジガルデ)に選出できる
・ステロを踏むだけじゃ腐りにくい
・すりぬけにより身代わりに耐性がある

ポットデスの利点
ダイマしなくても使いやすい技がそろっている
・ザシアンに対面で勝てる(からやぶ→ダイホロウ)ので、ポットデス引きにザシアン引きを合わされても大丈夫
・不意打ちが相対的に読まれにくい

f:id:K0mo:20210122233911p:plainカイオーガ@チョッキ

185-x-110-220-160-135 雨降らし
潮吹き/雷/こごえるかぜ/絶対零度

スカーフカイオーガの引き先となるので持ち物はチョッキで確定です。絶対零度はラッキーやトリトドンコスパダイナの処理ルートを強引に増やせるため採用しました(自身が上位で戦うにはプレイヤースキルが不足しているため、運要素に頼るのも必要だと考えました)。HPがミリの貯水ゲロゲに対してダイマしないと打点がないのは弱いので、今回は氷技にこごえるかぜを採用しました。初手の襷ステロポケモンに対して有用なほか、たまに絶妙な活躍をしました。

f:id:K0mo:20210122233842p:plainザシアン@朽ちた剣

193-242-136-x-136-176 不撓の剣
巨獣斬/じゃれつく/炎の牙/身代わり

電光石火を炎の牙に変更することで、ナットレイヌケニンにも出せるようになりました。ザシアンミラー対面ではかなり弱い型ですが、ザシアンはサンダーやヌオーで相手にするのでそこまで気になりませんでした。

f:id:K0mo:20201026132411p:plainサンダー@アッキ

197-x-150-145-110-121 静電気
放電/暴風/身代わり/羽休め

一時は両刀珠エースとして運用したこともありましたが、安定感を評価してHBアッキ身代わりに落ち着きました。ザシアンに対してヌオーを選出しない選択肢を取れるようになるのが偉く、麻痺を撒くために多くの試合に選出しました。数的有利を取ったら、身代わりと羽休めで多くのポケモン相手にTODできます。

f:id:K0mo:20200630123417p:plainヌオー@残飯

202-105-150-x-86-55 天然
地震/欠伸/再生/守る

ザシアンが選出されなかったときにも一番汎用性の高そうな型を選択しました。選出率はそこまで高くありませんが、地面枠として選出することがあります。

重いポケモン

・珠サンダー
選出段階でサンダーが珠なのを予想してラッキーを出さないと大変なことになります。

・スカーフカイオーガ
カイオーガではザシアンを初手に出す都合上、1ターンフリーで潮吹きさせてしまうためダメージレースが厳しいです。

・珠ガマゲロゲ
貯水のふりして突然ダイマされると試合が壊れます。TNをメモることで対策できます。

結果

76勝38敗 R2011 最終37位

あとがたり

JCS予選で失敗してから、時間ができたのでシングルバトルを頑張ることにしていました。もともとシングルでもギミックや対面などの展開の再現性が高い構築を使うのが好きでしたが、折角やるならポケモンらしいポケモンをして上手くなりたいと思い、プレイによって誤魔化せる範囲の広いスタンダードな構築を使うことにしました。正直運が良かった部分もかなりありますが、こうして過疎シーズンに初めてレート2000を達成することができてうれしいです。強い構築を原案のまま数百試合回したことにより、選出の最適化ができたのが良かったのだと思います。7月はポケモンをお休みして、8月に時間があればダブルの方を頑張りたいと思います。それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ポケモンパーセントバルーン

ネプリーグの1コーナーであるパーセントバルーンを、ポケモンの統計データをもとに行ったら面白いのではないかと考えやってみた。

ルールは簡単で、出題者があらかじめポケモンhomeなどを用いて問題と解答を作り、参加者それぞれに個別に自分が思う数字を提出してもらう。誤差の合計が一番少なかった人が勝ちとなる。

少人数でやっても盛り上がるし、大人数でやるならあらかじめやるグループ内でアンケートを取っておくなどして、グループ内での割合を当てるといったこともできる(大人数の場合集計がやや大変なので注意)。

実際に4人でやったときの問題を載せておくので、気になった人は是非友達と一緒にチャレンジしてみて欲しい。(問題と問題の隙間に白文字で解答を記載したので、答え合わせの際は文字を反転させてください)

f:id:kogepanna:20211102204408p:plainf:id:kogepanna:20211102204408p:plainf:id:kogepanna:20211102204408p:plain



問題

第1問から第9問は、S28ダブル(~2022 3/31)の使用率ランキングを参照しています。

①悪ウーラオスの見切り採用率は? 

答え:27%

②悪ウーラオスの陽気での採用率は? 

答え:74%

カイオーガの臆病での採用率は? 

答え:49%

カイオーガの持ち物さざなみのおこうの割合は? 

答え:2%

ヌケニンの持ち物防塵ゴーグルの割合は? 

答え:34%

⑥イエッサンの持ち物サイコシードの割合は? 

答え:58%

エルフーンの持ち物脱出ボタンの割合は? 

答え:22%

フシギバナの持ち物きあいのタスキの割合は? 

答え:24%

グラードンの持ち物とつげきチョッキの割合は? 

答え:41%

 

第10問から第12問は、ダメージ感覚についての問題です。最高乱数でのダメージの割合を答えてください

⑩意地A特化グラードンの断崖ダブルダメ→無振りカイオーガ 

答え:69%

⑪A特化ザシアンの+1巨獣斬→無振りボルトロス 

答え:88%

⑫臆病CSレジエレキの珠140ダイサンダー→H全振りゴリランダー 

答え:74%

 

第13問から第15問は、INC Marchマスターカテゴリの使用率ランキングを参照しています

⑬エースバーンの使用率順位 

答え:7位

⑭悪ウーラオスアイアンヘッドの採用率 

答え:28%

⑮ザマゼンタの使用率順位 

答え:20位

 

f:id:kogepanna:20211102204408p:plainf:id:kogepanna:20211102204408p:plainf:id:kogepanna:20211102204408p:plain

問題作成のハードルが低いことが魅力だと思うので、オリジナルの問題を作ってやってみるのもどうだろうか☺

 

東京大学ポケモンサークル ぽけっち こげぱん🍎

【プリティプリマ使用】2枚トリルダルマッカ

こんにちは、こげぱん🍎です。

12月の第二週に開催されたネット大会「プリティプリマ」において、かなり納得できる構築を作成できたので記事にしたいと思います。

今回使用したのはこちらの構築↓

f:id:kogepanna:20211213192048j:plain

かわいいw

プリティプリマとは

進化前のポケモンで、ちっちゃいポケモンしか参加できないネット大会です(大雑把)。一般的な進化前のバトルと違い進化の輝石を持たせることが可能になっています。

構築の要点

構築の軸はf:id:kogepanna:20211213192927g:plainf:id:kogepanna:20211213192943g:plainf:id:kogepanna:20211213192953g:plainf:id:kogepanna:20211213193007g:plainの4匹です。

ダクマとシュシュプの初手から手助け鉢巻インファイトor鉢巻インファイト+トリルを選択し、相手のダイマックスエースに大きく負荷をかけます(手助けを重ねると輝石を持っていないダイマックスポニータなども倒せる)。

トリルを選択してダクマが生き残っていた場合は、お先にどうぞによってもう1回インファイトを打ち込め、ほとんど試合が決まると言っても過言ではありません。

高耐久でトリル始動のできるシュシュプで相手のダイマックスを誘発し、こちらはワンテンポ遅れてトリルからダルマッカを通すという作戦です。

補完2枠について

ダクマ+シュシュプの先発で主にきついのは、上からダクマをワンパンしてくる晴れ構築です。

(f:id:kogepanna:20211213204257g:plainorf:id:kogepanna:20211213204323g:plain)+f:id:kogepanna:20211213204309g:plainの並びはどちらが晴れエースとして前に出てくるかわからず、晴れギミック自体を後発に置くこともできるため対策が非常に困難でした。

はじめはf:id:kogepanna:20211213205046g:plainf:id:kogepanna:20211213205258p:plainリオルの並びの手動雨による対策を考えていましたが、ロコンが襷を持っていたり、ゴンべやサニーゴなどの高耐久ポケモンに引かれるだけで残数有利を取れずにダイマックスを消費してしまうことが気になりました。

次に、襷を持ったCSモンジャラが候補に挙がりました。f:id:kogepanna:20211213204323g:plainf:id:kogepanna:20211213192953g:plainの選出をすることで、ヒトカゲが出てきた場合はダイロックをロコンに押しながらヒトカゲにトライアタックを選択して簡単に残数有利を取ることができます。モンジャラが出てきた場合は、ヘドロばくだんとダイアタックをモンジャラに集中することで、眠り粉をされてる場合はヘドロばくだんで倒せ、ダイマックスされてる場合も1ターンで倒すことができます。構築を共有したファイツさんは、襷モンジャラで参加しました。しかし、輝石を持ったモンジャラや最速モンジャラが予想以上に多かったということで、有効な対策になっていないことがわかりました。(考察不足に巻き込んでしまい申し訳ないです…)

そこで思いついたのがアノプスf:id:kogepanna:20211002184732p:plainf:id:kogepanna:20211213192943g:plainの初手です。晴れ構築は大抵の場合炎が一貫しておりトリルさえできればダルマッカで押し切れるので、そのサポートをスカーフアノプスに任せた形です。ヒトカゲ+ロコン相手には上から雪崩を当てることで、シュシュプが確実にトリルをできるようになります。ヒトカゲダイマックス+ロコンが襷の場合のみ裏目ですが、アノプスダイマックスも警戒しなければいけないなかその選択は無理といってもいいでしょう。初手がモンジャラ+ロコンだった場合は、ロコンにロックブラストを選択することでトリルを張ることができます。トリルを張ったターンにアノプスが生き残っていても、お先にどうぞの存在により後手に回ることがないのがこの先発の強みです。

スカーフアノプス1枠で対晴れの立ち回りが確立してしまったため、最後の枠には能力が高くポリゴンに代わり詰め筋になれる可能性があるベベノムf:id:kogepanna:20211214142328p:plainを採用しています。

個体詳細

f:id:kogepanna:20211213192927g:plainf:id:kogepanna:20211214142847p:plain

ダクマ@鉢巻 せいしんりょく

135-148-88-x-70-124
インファイト/燕返し/アイアンヘッド/とんぼ返り

・最速60族を抜ける準速
・陽気ニューラのトリプルアクセルをほとんど耐える

サブの技構成は、初手でやられてはいけないときに撃つとんぼ返り・フェアリータイプを殴るのに使うアイアンヘッド・緊急的にダイマックスするときにダクマを起点にできる燕返しで完結しています。手助けインファイトダイマックスしたガーディやワシボン、H振り輝石ポリゴンなどを一撃で倒すことができ、インターネット大会で重視したい火力の初見殺しという点にマッチしています。ゴーストタイプに引かれた場合でも、インファイトによる耐久低下がないので基本的に相手の技を耐えることができ、もう一度行動できます。強気に動かすことが重要だと感じました。意地っ張りなためニャビーなどには先に動かれてしまいますが、ニャビーを使った時にあまり強さを感じなかったことから、上位層で使う人は少ないだろうということで割り切りました。

f:id:kogepanna:20211213192943g:plainf:id:kogepanna:20211214141103p:plain

シュシュプ@ラム アロマベール

185-x-94-83-114-25
ムーンフォース/手助け/お先にどうぞ/トリックルーム

・ダクマと初手で並べた時にダウンロードでAが上がる
・補正をかけずにAに振り切ったポリゴンの+1ギガインパクト確定耐え
・珠特化モンジャラのダイソウゲン(140)確定耐え

手助けとトリックルームを覚えるポケモンの中で一番強そうだったため採用しました。特性と道具により挑発や催眠術などにも妨害されずトリックルームができるのは唯一無二の長所です。挑発はそもそも撃たれないので実際どれほど役に立っていたかわかりませんが、味方が呪われボディに触れるのを防いだという表示がたびたび出たのでかなり強力な特性でした。手助けは、まねっこによりトリル対策をしようとしている構築にEasy Winを取るのにも役立ちます。火力に振らずとも、弱点を突ければ確定二発にはまとめきる最低限の火力があるため、もっと使われてもいいポケモンだったと感じました。

f:id:kogepanna:20211213192953g:plainf:id:kogepanna:20211214152011p:plain

ポリゴン@輝石 ダウンロード

172-x-97-140-98-40
トライアタック/シャドーボール/自己再生/トリックルーム

・+1トラアタでダクマ確定一発
・意地ダクマのインファイトをほぼ耐え
・陽気ワシボンの珠ダイジェット(140)を確定耐え
・ダウンロード対策のB<D
・トリル中に繰り出すことを考えて最遅

対晴れで前を張ることがなくなったためダイアイス媒体や防塵ゴーグルを採用する必要がなく、最も汎用性の高い型にまとめることができています。トリル下でダルマッカより先に動けることで、相手の木の実に引っ掛かることなく確実に1匹ずつ処理する動きが可能になっています。先発がダイスチルを撃たれた場合はポリゴンを出してCを上げつつ殴る・ダイアースを撃たれた場合はダルマッカで殴るといったように、トリルエースの役割分担ができているのも強力なポイントです。

f:id:kogepanna:20211213193007g:plainf:id:kogepanna:20211002190722p:plain

ダルマッカ@珠 はりきり

159-156-74-x-75-49
フレアドライブ/ジャイロボール/穴を掘る/守る

・珠ダメージ最小
・ダウンロード対策をしつつBD振り分け

メイントリルアタッカー。命の珠×張り切り×手助けの火力はすさまじく、輝石を持っていないダイマックスポケモンは全員一撃で吹き飛びます。ダイマックス技もどれも強力で、2ターン目から手助けすら必要なくなるダイバーン・ポリゴンに乗せることで相手がダイウォールするかの択を消せるダイスチルダイアースで完結しています。相手のダイマックスポケモンを倒せそうなときはダイバーン、怪しい時は隣にダイアースorダイスチルを選択することで、耐久は高いとは言えませんがかなり長生きできます。

アノプスf:id:kogepanna:20211002184732p:plain

アノプス@スカーフ カブトアーマー

120-147-70-x-71-139
岩雪崩/ロックブラスト/シザークロス/はたき落とす

・臆病スカーフヒトカゲを抜くために最速
・ダウンロード対策で余りはD

晴れパに圧力をかけられる岩雪崩とロックブラスト両採用、選出を裏切られてしまった時に最低限以上の仕事ができるはたき落とすまでは確定として、最後の枠にはダイマックス時に使える可能性が高いシザークロスを採用しました。雨乞いギミックを入れていないことから特性をカブトアーマーにして登録してしまいましたが、対雨でも選出できるようにすいすいにするべきだったと激しく後悔しました(幸い、すいすいでないせいで負けた試合はありませんでした)。レート1800をかけた最終戦で雪かきクマシュンの上から雪崩でワンパンするなど、想定していた以上の使い方もできました。耐久が低いことにだけ注意が必要です。

ベベノムf:id:kogepanna:20211214142328p:plain

べベノム@黒いヘドロ ビーストブースト

165-x-88-121-92-113
ヘドロばくだん/どくどく/身代わり/守る

・ポリゴンの破壊光線確定耐え
・D-1ダクマをヘド爆で確定
・準速60族抜き

ダルマッカのダイアースやダイスチルをポリゴンの代わりに乗せて、サニーゴやゴンべ、ポリゴンなどを詰める枠として採用しました。しかし、呪いサニーゴに返り討ちにあったり、トリルターン中に繰り出しても上から身代わりできない(当たり前)ことに気づき後半は見せポケと化していました。地面の一貫がきつい構築なので、浮遊ドガースを代わりに採用した方が役割にはあっていたかもしれません。

選出と立ち回り

コンセプトの部分で書いたことの繰り返しになりますが一応記載しておきます。

基本選出

先発f:id:kogepanna:20211213192927g:plainf:id:kogepanna:20211213192943g:plain
後発f:id:kogepanna:20211213192953g:plainf:id:kogepanna:20211213193007g:plain

手助けインファまたはインファトリルを選択し、早めにどちらかには退場してもらいます。トリルが張れていないならポリゴンで再度トリルを狙い、トリルが張れていればシュシュプダルマッカの並びで一気に攻めていきます。ダクマを大事にしたい場合は、初手にとんぼ返りポリゴン出しから入ることがあります。高耐久なうえ自己再生があるので、大惨事になることはありません。

vs晴れ

先発アノプスf:id:kogepanna:20211213192943g:plain
後発f:id:kogepanna:20211213192953g:plainf:id:kogepanna:20211213193007g:plain

シュシュプの命を脅かす危険なポケモンたちをアノプスでどけながらトリルをします。あとは同じ流れです。

重いポケモン

ゴンべ
トリル下で対面してはいけません。上手い人はトリル下で対面させてきます。

リオル
コーチング+ダイマ技でシュシュプが倒されるので危険です。後半はほとんど手助け+インファイトを決め打ちしてました。ポリゴンを死に出しして、ダクマをどけておきたい気持ちにさせながらトリルします。

最遅サニーゴ
トリル下でダルマッカを上からシナシナにしてきて危険です。厳選が大変だったのか、ほとんど見かけませんでした。

ナックラードロバンコ
ナックラーはともかく、ドロバンコは素早さの関係がわからないので大変危険です。ポリゴンで様子見してダイスチルを使わせず、ダイマックスが終わったところをダルマッカで倒します。

結果

f:id:kogepanna:20211214163330j:plain

33勝10敗 R1812 最終8位

最後に

ここ最近ネット大会やランクバトル、Bo3の大会などで不調が続いていたので、久しぶりに満足のいく結果を出せて嬉しいです。最終日の夜に始めて序盤で3連敗するなど苦しい大会でしたが、上位の人に高い勝率を保てたのが良かったのかなと思います。ただ、最終1位チャレをプレイミスで通してしまったり、Sejun̪氏に動きを読み切られて負けたりと悔しい部分もあったので、いっそう精進しようと思います。
最後に、構築の弱点を洗い出し修正するのに付き合ってくれたぶんさん・ファイツさん、べベノムとダクマを貸してくれたわるいサンダースf:id:kogepanna:20211214164104g:plainにかなり激しく感謝しています!

【シリーズ10ダブル】犬猫要塞サイクル

みなさん、どうも、こんにちは!こげぱん🍎です!

今回の記事では、シリーズ10(禁伝1匹ダイマなし)の集大成となる構築を紹介します。是非最後までお読みください!

 

f:id:kogepanna:20211102204151p:plainf:id:kogepanna:20211102204246p:plainf:id:kogepanna:20211102204408p:plain

f:id:kogepanna:20211102210750p:plainf:id:kogepanna:20211102204746p:plainf:id:kogepanna:20211102204936p:plain

構築経緯

この環境は犬が最強という友人の助言をもとに、ジガルデ10%フォルムから構築をスタート。

f:id:kogepanna:20211102204151p:plain

また、ジガルデでとぐろを巻いて要塞化するにあたり、猫騙し持ちがいると強いと考えた。
そこで、威嚇や捨て台詞によるサポートも可能なニャビーと、グラスフィールドを張れてHP管理に一役買うサルノリを採用するところまですんなりと決まった。

f:id:kogepanna:20211102204246p:plainf:id:kogepanna:20211102204408p:plain

ここまでゼルネアスが重いので、3枚目の猫騙し要員として鋼タイプのトゲデマルを採用。ガラルニャースではないのは、特性が死んでいると考えたため。

f:id:kogepanna:20211102204746p:plain

黒バドレックス対策については困難を極めたが、最終的にカモネギを採用。アストラルビットを無効化しつつ地獄突きで倒すことができる。一緒に入りやすいサルノリやニャビーに強い点もgood。

f:id:kogepanna:20211102204936p:plain

最後に、猫騙しループを円滑に行えてワイドガード及び砂かけによるサポートも可能なコソクムシを加えて構築の完成とした。

f:id:kogepanna:20211102210750p:plain

コンセプト

最強の犬を通すうえでの障害を、役割を分担して排除する

個体解説

f:id:kogepanna:20211102204151p:plain

ジガルデ@残飯

129-152-92-x-105-183 オーラブレイク

サウザンアロー/スケイルショット/とぐろを巻く/守る

調整意図
・上から詰ませるために最速
・被弾数を抑えるために火力振り切り

シリーズ10最強の犬。猫騙しのサポートを受けて攻撃と防御両方面から詰ませにいく。単体でもSを上げる手段が欲しくてスケイルショットを採用したが、防御が下がるのがアンチシナジーであるため、できるだけ使用しないよう注意されたい。

f:id:kogepanna:20211102204246p:plain

ニャビー@オボン

152-85-60-x-61-134 威嚇

フレアドライブ/挑発/捨て台詞/猫騙

調整意図
・ミラー意識で最速
・耐久が重要なのでHP振り切り

シリーズ10最強の猫。上から猫騙しを撃てるように最速で育成。挑発や捨て台詞を使用することで、一方的に展開することができ大変強力である。

f:id:kogepanna:20211102204408p:plain

サルノリ@チョッキ

157-110-70-x-78-85 グラスメイカ

グラススライダー/ウッドハンマー/蜻蛉返り/猫騙

調整意図
・HP振り切り
・グラスラでHP振り切りカイオーガ確定2発(11n)
・チョッキの恩恵意識で余りD

普通なので特に語ることもない枠。盤面に居座った方がいい場合は蜻蛉を選択しないよう注意してほしい。

f:id:kogepanna:20211102204746p:plain

トゲデマル@襷

140-150-83-x-94-162 避雷針

アイアンヘッド/ほっぺすりすり/蜻蛉返り/猫騙

調整意図
・ゼルネアスへの負荷を考えてA振り切り
・上から猫騙しするために最速

麻痺を撒くことでジガルデの行動回数を稼ぐことができるため、大変相性が良い。電気弱点が2匹いるこの構築において、避雷針がいることの安心感は絶大である。

f:id:kogepanna:20211102214929p:plain

カモネギ@長ネギ

127-142-76-x-82-123 負けん気

ブレイブバード/地獄突き/シンプルビーム/守る

調整意図
・相手への負荷を考えてAS

この構築のMVP。地獄突きは読まれにくく、黒バド相手にEasy Winを量産してくれる。特性の負けん気はあまり知られていないため、発動機会も多いだろう。シンプルビームによってジガルデの積みの速度を上げることも可能であり構築とこの上なくかみ合っているといえる。

f:id:kogepanna:20211102210750p:plain

コソクムシ@脱出ボタン

132-x-60-40-51-132 にげごし

熱湯/砂かけ/ワイドガード/守る

調整意図
・繰り出し回数を増やすHP振り切り
・妨害は上からしろという母の教えに則って最速

猫騙しサイクルの潤滑油として採用した。特性が発動しなかったときに困るので、脱出ボタンを持たせている。熱湯は追加効果目的で採用したが、同じく追加効果が優秀な這い寄る一撃も一考の価値があるかもしれない。

各禁伝への立ち回り

vsザシアン

不利。どうあがいても勝てない。

vs黒バド

不利。どうあがいても勝てない。

vsムゲンダイナ

不利。どうあがいても勝てない。

vsカイオーガ

不利。どうあがいても勝てない。

vsゼルネアス

不利。どうあがいても勝てない。

vs白バド

不利。どうあがいても勝てない。

vsコスモッグ

有利。取り巻き次第ではあるが頑張って勝つ。

戦績

0勝0敗

最後に

本当に申し訳ありませんでした…

 

サムネ用↓

ソース画像を表示